キリン公式オンライン通販のDRINXです

IWC 金賞受賞特別企画 世界で輝く日本ワイン。

4月にロンドンで開催された権威ある国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」において、
15,000点以上ともいわれる出品ワインの中から、栄誉ある金賞を獲得した日本ワインがあります。
『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。
世界中のワイン通に愛される欧州系高級品種シャルドネの中でも、特に樽を使用せずに仕込まれた“アンウッデッド”での受賞は、
日本ワインの快挙といっても過言ではありません。
世界が認めたシャルドネの新しいスタイル“アンウッデッド”。
栄えある受賞を記念して、より味わいに深みを増した2014年ヴィンテージと特別セットにして、DRINXのお客さまだけにお届けします。

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC:International Wine Challenge)」について

1984年より開催されている歴史と権威ある世界最大級のコンクール。現在世界で最も影響力のあるワインコンクールともいわれ、毎年10,000点以上ものワインが世界中から出品される。審査会は、ワインのラベルを隠したままテイスティング審査する「ブラインドテイスティング」方式で、権威ある審査員による数度に及ぶ厳正な選考過程を経て評価が決定される。なお、2017年のワイン出品数は、15,000点以上にも及んだ。

ヨーロッパでも金、アジアでも金。『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』

ヨーロッパでも金、アジアでも金。『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』

世界最大級の国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」で金賞を獲得した日本ワイン『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。白桃を思わせる清々しい香り、柔らかな口当たりと優しい味わい。長野県北信地区のシャルドネだけを使用、ブドウの個性をストレートに表現しています。

アンウッデッド(Unwooded)とは、木樽を使わずワイン造りを行うことを意味し、発酵・育成の全てをステンレスタンクで行います。一般的に木樽を使用し、熟成感のあるワインに仕上げられることが多いシャルドネとは、真逆ともいえる造り方。樽を使わないということは、それだけブドウ本来のフレッシュな果実味をワインに息づかせるということ。それはまさに“はじめにブドウありき”をワイン造りの哲学とするシャトー・メルシャンの真骨頂ともいえるスタイルです。このアンウッデッドが評価されたということは、長野県北信地区のブドウ自体の品質の高さが認められたということにも繋がります。

因みに『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』は、昨年10月に開催されたアジア最大級の国際ワインコンクール「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」においても金賞と、さらに出品された日本ワインの中で最高評価を得たワインに贈られる「ベスト日本ワイントロフィー」をダブルで受賞しています。まさに世界で黄金色の輝きを放つ日本ワインなのです。

『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014』と特別限定2本セットで、DRINXのお客さまだけに。

『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014』と特別限定2本セットで、DRINXのお客さまだけに。

DRINXでは2017年のロンドンと2016年の香港での連続受賞の快挙を記念して、『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』と、さらに一年間の熟成を重ね、よりやわらかくまろやかなニュアンスを深めた『長野シャルドネ アンウッデッド 2014』を、特別限定セットにしてDRINXのお客さまだけにお届けします。

フレッシュな果実味が生きた爽やかな“アンウッデッド”は、まさに夏の食卓にふさわしい涼やかな逸品。特に世界が高く評価した『長野シャルドネ アンウッデッド』を、ヴィンテージ違いで飲み比べられるチャンスは極めて希少です。シャトー・メルシャンのワインメーカーが、日本人ならではの繊細な感性と匠の技を注ぎ込んで造り上げた世界に誇る逸品。ぜひともこの機会にご賞味ください。

果実味を愉しむ『長野シャルドネ アンウッデッド』は、同じく果実味で味わう新しいフルーツサラダ感覚のマリアージュで。
いま世界的に高まるヘルシー志向の中で、野菜はもとより果物を料理に採り入れたメニューが注目を集めています。そんな中から特に『長野シャルドネ アンウッデッド』によく合う、夏らしくシンプルなメニューをご紹介します。

ご購入はこちら
一度食べたら誰もがハマる「オレンジ&チキン」。

一度食べたら誰もがハマる「オレンジ&チキン」。

オーガニックフードの聖地ともいわれるサンフランシスコでは、調味料やドレッシングを多用せず、素材の持ち味を活かしたヘルシーな料理が人気です。特にサラダでは、旬の果物を使ったフルーツサラダが新たなトレンドで、中でもジューシーな柑橘系の果実は、具材としてはもちろんのこと、ドレッシングにもよく使われます。

「オレンジ&チキン」は、そんなフルーツサラダをアレンジしたシンプルメニュー。みんな大好きな鶏の唐揚げ(市販のお惣菜でも可)にオレンジをそのまま添えて、特製のオレンジソースをかけるだけの超簡単レシピです。

オレンジソースは、100%のオレンジジュースにレモン果汁を適量合わせ、ひと煮立ちさせて甘さを凝縮させる。或いは夏場火を使いたくない場合には、マーマレードを加えて甘さを調整することも可能です(写真はマーマレードを使用。仕上げにブラックペッパーを振って味をしめています)。

カラッと香ばしい鶏の唐揚げを、爽やかなフレッシュオレンジとオレンジソースでサッパリと。そもそも柑橘やトロピカルフルーツの香りをもつシャルドネ、しかも果実味を愉しむ“アンウッデッド”とは相性抜群のメニューです。基本的にはどちらのヴィンテージにもよく合いますが、よりまろやかさの増した『長野シャルドネ アンウッデッド 2014』がお薦め。唐揚げの代わりに、こんがりソテーしたチキンでもOKです。

ご購入はこちら
ひときわ爽やか「グレープフルーツ&カルパッチョ」。

ひときわ爽やか「グレープフルーツ&カルパッチョ」。

白身魚や魚介をサラダ感覚で味わうカルパッチョは、爽やかな白ワインに合わせる夏の定番メニューの一つですが、ここでは『長野シャルドネ アンウッデッド』に合わせて、グレープフルーツを使ったみずみずしいサマーアレンジをご紹介します。

鯛や平目などの白身魚、ホタテ、海老やイカ、タコなど、お好みの魚介を盛合わせ、フレッシュなグレープフルーツとセロリを加え、少量の塩とオリーブオイル、搾ったグレープフルーツ果汁(お好みでレモン果汁でも)をかけて出来上がり(写真は彩りにブロッコリースプラウトを添え、ピンクペッパーで味をしめています)。

ジューシーな柑橘系の果汁感の中に、爽やかな苦みをもつグレープフルーツの果肉が、フレッシュな果実感を活かした『長野シャルドネ アンウッデッド』に寄り添うようによく合います。また海の幸の素材そのもののミネラル感が、シャルドネ本来の持ち味と極めて心地よいハーモニーを奏でます。

この「グレープフルーツ&カルパッチョ」には、よりフレッシュ感が残る『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』とのマリアージュをお薦めします。

こうした素材が本来もつ味わいを活かした料理やワインは、既に世界の新しいトレンドになりつつあります。古くから“素材主義”を貫いてきた日本の食文化が、いま世界で注目されているように、繊細な果実味のニュアンスを活かした日本ワインが、世界のメインストリームに躍り出る日もそう遠くはないかもしれません。

ご購入はこちら
IWC金賞受賞記念『長野シャルドネ アンウッデッド』セット

IWC金賞受賞記念「長野シャルドネ アンウッデッド」セット

英国ロンドンで4月に開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC) 2017」にて『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』が、見事金賞を受賞。
さらに昨年10月に開催された「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」においても金賞と、日本ワインとして最高評価の「ベスト日本ワイントロフィー」をダブル受賞。
この栄誉ある連続受賞を記念して、今月は『長野シャルドネ アンウッデッド』から、見事IWCで金賞を受賞した2015年ヴィンテージと、日本ワインコンクールで銅賞を獲得した2014年ヴィンテージを、垂直2本セットにしてお届けします。共に長野県北信地区のシャルドネをアンウッデッド(樽を未使用)で仕上げた逸品。ヴィンテージと、熟成期間による味わいの違いを飲み比べてお愉しみください。

  • シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014
  • シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014

    【産地】 長野県北信地区
    【使用品種】 シャルドネ 100%
    【発酵】 ステンレスタンクにて18~22℃で約20日間発酵
    【育成】 ステンレスタンクにて約5ヶ月間育成
    【テイスティングノート】
    輝きのある、やや濃いレモンイエロー。
    マンゴー、パイナップルなどトロピカルな果実の香りをトップに感じた後、ハチミツ、アンズを連想させるような香りをアフターにとらえます。柔らかい酸味とふくよかな果実味に加え、熟成由来の複雑味を感じます。
    【マリアージュ】
    白身魚のムニエルや焼き魚など、上質な油を感じる料理などと。

  • シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015
  • シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015

    【産地】 長野県北信地区
    【使用品種】 シャルドネ 100%
    【発酵】 ステンレスタンクにて18~22℃で約20日間発酵
    【育成】 ステンレスタンクにて約5ヶ月間育成
    【テイスティングノート】
    輝きのあるレモンイエロー。
    パイナップル、パッションフルーツなどトロピカルな果実の香りや若干の柑橘のニュアンスを感じます。ふくよかな果実味に加え、適度な酸味、ミネラル感がバランスよく口中に広がります。
    【マリアージュ】
    白身魚のカルパッチョ、サラダなどフレッシュな味わいの料理と。

今月のご紹介ワインはこちら

DRINX限定 IWC金賞受賞記念!
特別限定品「長野シャルドネ アンウッデッド」セット
シャトー・メルシャン「長野シャルドネ アンウッデッド」セット

シャトー・メルシャン IWC金賞受賞記念「長野シャルドネ アンウッデッド」セット

4月にロンドンで開催された権威ある国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」において、15,000点以上ともいわれる出品ワインの中から、栄誉ある金賞を獲得した『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。栄えある受賞を記念して、より味わいに深みを増した2014年ヴィンテージとの特別セットです。

【セット内容】
・シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014 750ml×1本
・シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015 750ml×1本

6,220円(税込)

数量

SOLD OUT

IWC 金賞受賞特別企画 世界で輝く日本ワイン。

4月にロンドンで開催された権威ある国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」において、15,000点以上ともいわれる出品ワインの中から、栄誉ある金賞を獲得した日本ワインがあります。『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。世界中のワイン通に愛される欧州系高級品種シャルドネの中でも、特に樽を使用せずに仕込まれた“アンウッデッド”での受賞は、日本ワインの快挙といっても過言ではありません。世界が認めたシャルドネの新しいスタイル“アンウッデッド”。栄えある受賞を記念して、より味わいに深みを増した2014年ヴィンテージと特別セットにして、DRINXのお客さまだけにお届けします。

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC:International Wine Challenge)」について

1984年より開催されている歴史と権威ある世界最大級のコンクール。現在世界で最も影響力のあるワインコンクールともいわれ、毎年10,000点以上ものワインが世界中から出品される。審査会は、ワインのラベルを隠したままテイスティング審査する「ブラインドテイスティング」方式で、権威ある審査員による数度に及ぶ厳正な選考過程を経て評価が決定される。なお、2017年のワイン出品数は、15,000点以上にも及んだ。

ヨーロッパでも金、アジアでも金。『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』

世界最大級の国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」で金賞を獲得した日本ワイン『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。白桃を思わせる清々しい香り、柔らかな口当たりと優しい味わい。長野県北信地区のシャルドネだけを使用、ブドウの個性をストレートに表現しています。

ヨーロッパでも金、アジアでも金。『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』

アンウッデッド(Unwooded)とは、木樽を使わずワイン造りを行うことを意味し、発酵・育成の全てをステンレスタンクで行います。一般的に木樽を使用し、熟成感のあるワインに仕上げられることが多いシャルドネとは、真逆ともいえる造り方。樽を使わないということは、それだけブドウ本来のフレッシュな果実味をワインに息づかせるということ。それはまさに“はじめにブドウありき”をワイン造りの哲学とするシャトー・メルシャンの真骨頂ともいえるスタイルです。このアンウッデッドが評価されたということは、長野県北信地区のブドウ自体の品質の高さが認められたということにも繋がります。

因みに『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』は、昨年10月に開催されたアジア最大級の国際ワインコンクール「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」においても金賞と、さらに出品された日本ワインの中で最高評価を得たワインに贈られる「ベスト日本ワイントロフィー」をダブルで受賞しています。まさに世界で黄金色の輝きを放つ日本ワインなのです。

『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014』と特別限定2本セットで、DRINXのお客さまだけに。

DRINXでは2017年のロンドンと2016年の香港での連続受賞の快挙を記念して、『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』と、さらに一年間の熟成を重ね、よりやわらかくまろやかなニュアンスを深めた『長野シャルドネ アンウッデッド 2014』を、特別限定セットにしてDRINXのお客さまだけにお届けします。

『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014』と特別限定2本セットで、DRINXのお客さまだけに。

フレッシュな果実味が生きた爽やかな“アンウッデッド”は、まさに夏の食卓にふさわしい涼やかな逸品。特に世界が高く評価した『長野シャルドネ アンウッデッド』を、ヴィンテージ違いで飲み比べられるチャンスは極めて希少です。シャトー・メルシャンのワインメーカーが、日本人ならではの繊細な感性と匠の技を注ぎ込んで造り上げた世界に誇る逸品。ぜひともこの機会にご賞味ください。

果実味を愉しむ『長野シャルドネ アンウッデッド』は、同じく果実味で味わう新しいフルーツサラダ感覚のマリアージュで。
いま世界的に高まるヘルシー志向の中で、野菜はもとより果物を料理に採り入れたメニューが注目を集めています。そんな中から特に『長野シャルドネ アンウッデッド』によく合う、夏らしくシンプルなメニューをご紹介します。

一度食べたら誰もがハマる「オレンジ&チキン」。

オーガニックフードの聖地ともいわれるサンフランシスコでは、調味料やドレッシングを多用せず、素材の持ち味を活かしたヘルシーな料理が人気です。特にサラダでは、旬の果物を使ったフルーツサラダが新たなトレンドで、中でもジューシーな柑橘系の果実は、具材としてはもちろんのこと、ドレッシングにもよく使われます。

「オレンジ&チキン」は、そんなフルーツサラダをアレンジしたシンプルメニュー。みんな大好きな鶏の唐揚げ(市販のお惣菜でも可)にオレンジをそのまま添えて、特製のオレンジソースをかけるだけの超簡単レシピです。

一度食べたら誰もがハマる「オレンジ&チキン」。

オレンジソースは、100%のオレンジジュースにレモン果汁を適量合わせ、ひと煮立ちさせて甘さを凝縮させる。或いは夏場火を使いたくない場合には、マーマレードを加えて甘さを調整することも可能です(写真はマーマレードを使用。仕上げにブラックペッパーを振って味をしめています)。

カラッと香ばしい鶏の唐揚げを、爽やかなフレッシュオレンジとオレンジソースでサッパリと。そもそも柑橘やトロピカルフルーツの香りをもつシャルドネ、しかも果実味を愉しむ“アンウッデッド”とは相性抜群のメニューです。基本的にはどちらのヴィンテージにもよく合いますが、よりまろやかさの増した『長野シャルドネ アンウッデッド 2014』がお薦め。唐揚げの代わりに、こんがりソテーしたチキンでもOKです。

ひときわ爽やか「グレープフルーツ&カルパッチョ」。

白身魚や魚介をサラダ感覚で味わうカルパッチョは、爽やかな白ワインに合わせる夏の定番メニューの一つですが、ここでは『長野シャルドネ アンウッデッド』に合わせて、グレープフルーツを使ったみずみずしいサマーアレンジをご紹介します。

鯛や平目などの白身魚、ホタテ、海老やイカ、タコなど、お好みの魚介を盛合わせ、フレッシュなグレープフルーツとセロリを加え、少量の塩とオリーブオイル、搾ったグレープフルーツ果汁(お好みでレモン果汁でも)をかけて出来上がり(写真は彩りにブロッコリースプラウトを添え、ピンクペッパーで味をしめています)。

ひときわ爽やか「グレープフルーツ&カルパッチョ」。

ジューシーな柑橘系の果汁感の中に、爽やかな苦みをもつグレープフルーツの果肉が、フレッシュな果実感を活かした『長野シャルドネ アンウッデッド』に寄り添うようによく合います。また海の幸の素材そのもののミネラル感が、シャルドネ本来の持ち味と極めて心地よいハーモニーを奏でます。この「グレープフルーツ&カルパッチョ」には、よりフレッシュ感が残る『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』とのマリアージュをお薦めします。

こうした素材が本来もつ味わいを活かした料理やワインは、既に世界の新しいトレンドになりつつあります。古くから“素材主義”を貫いてきた日本の食文化が、いま世界で注目されているように、繊細な果実味のニュアンスを活かした日本ワインが、世界のメインストリームに躍り出る日もそう遠くはないかもしれません。

IWC金賞受賞記念「長野シャルドネ アンウッデッド」セット

IWC金賞受賞記念『長野シャルドネ アンウッデッド』セット 英国ロンドンで4月に開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC) 2017」にて『シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015』が、見事金賞を受賞。

さらに昨年10月に開催された「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」においても金賞と、日本ワインとして最高評価の「ベスト日本ワイントロフィー」をダブル受賞。
この栄誉ある連続受賞を記念して、今月は『長野シャルドネ アンウッデッド』から、見事IWCで金賞を受賞した2015年ヴィンテージと、日本ワインコンクールで銅賞を獲得した2014年ヴィンテージを、垂直2本セットにしてお届けします。共に長野県北信地区のシャルドネをアンウッデッド(樽を未使用)で仕上げた逸品。ヴィンテージと、熟成期間による味わいの違いを飲み比べてお愉しみください。

「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014」「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015」

シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2014

【産地】 長野県北信地区
【使用品種】 シャルドネ 100%
【発酵】 ステンレスタンクにて18~22℃で約20日間発酵
【育成】 ステンレスタンクにて約5ヶ月間育成
【テイスティングノート】
輝きのある、やや濃いレモンイエロー。
マンゴー、パイナップルなどトロピカルな果実の香りをトップに感じた後、ハチミツ、アンズを連想させるような香りをアフターにとらえます。柔らかい酸味とふくよかな果実味に加え、熟成由来の複雑味を感じます。
【マリアージュ】
白身魚のムニエルや焼き魚など、上質な油を感じる料理などと。

シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015

【産地】 長野県北信地区
【使用品種】 シャルドネ 100%
【発酵】 ステンレスタンクにて18~22℃で約20日間発酵
【育成】 ステンレスタンクにて約5ヶ月間育成
【テイスティングノート】
輝きのあるレモンイエロー。
パイナップル、パッションフルーツなどトロピカルな果実の香りや若干の柑橘のニュアンスを感じます。ふくよかな果実味に加え、適度な酸味、ミネラル感がバランスよく口中に広がります。
【マリアージュ】
白身魚のカルパッチョ、サラダなどフレッシュな味わいの料理と。

今月のご紹介ワインはこちら

DRINX限定 IWC金賞受賞記念!

特別限定品 シャトー・メルシャンIWC金賞受賞記念「長野シャルドネ アンウッデッド」セット

シャトー・メルシャン「長野シャルドネ アンウッデッド」セット 4月にロンドンで開催された権威ある国際ワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2017」において、15,000点以上ともいわれる出品ワインの中から、栄誉ある金賞を獲得した『長野シャルドネ アンウッデッド 2015』。栄えある受賞を記念して、より味わいに深みを増した2014年ヴィンテージとの特別セットです。

【セット内容】
・シャトー・メルシャン
 長野シャルドネ アンウッデッド 2014 750ml×1本
・シャトー・メルシャン
 長野シャルドネ アンウッデッド 2015 750ml×1本

6,220円(税込)

数量

セットの詳しい内容はこちら

未成年の飲酒は法律で禁止されています。