キリン公式オンライン通販のDRINXです

ようこそ、シャトー・メルシャンへ。

シャトー・メルシャンの産地

日本ワインの個性を求めて

シャトー・メルシャンは1970年代より「適品種・適所」の理念の下、ブドウ品種にあった栽培地を求め、日本各地に産地を形成してきました。「はじめにブドウありき」を合言葉に、契約農家と一体になって栽培管理を徹底し「目指すワインに合ったブドウ造り」を行っています。

勝沼地区(甲州市)

日本固有のブドウ品種「甲州」の発祥地とされ、昼夜の寒暖差が大きく、昔からブドウの栽培に適した場所と言われています。この地区のブドウはタンニンが多く、リッチでしっかりした骨格のワインになります。

標高 380m~450m 地形 扇状地
品種 甲州、マスカット・ベーリーA

穂坂地区(韮崎市)

甲州盆地北西部の丘陵地で、昼夜の寒暖差が大きいため、キャラクターのしっかりとしたブドウが収穫できます。

標高 450~550m 地形 丘陵地
品種 甲州、マスカット・ベーリーA

地図

日本固有のブドウ品種「甲州」

日本で1300年もの歴史を持つ伝統ブドウであり、山梨県を中心に栽培される日本固有の品種です。近年果皮からうまみを引き出した味わい豊かなワインや、栽培・醸造技術により造りあげた香り豊かなワインなど、個性のある甲州ワインが誕生しています。

北信地区

長野県北部の千曲川沿いの傾斜地に畑が点在しています。千曲川がもたらした沖積土壌は排水性に優れ、気候は雨が少なく、昼夜の温度差も大きいため、シャルドネの成熟に適しています。

標高 300~600m 地形 傾斜
品種 シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

椀子(マリコ)ヴィンヤード

メルシャンが自社栽培する地を求め、気候条件や土壌の様子などブドウ栽培に適した地域を探し、選ばれたのがこの椀子(マリコ)ヴィンヤードです。まだ樹齢は若いですが、他の産地にはない力強さを携えており、早くも注目の産地として期待を集めています。

標高 650m 地形 丘陵地
品種 メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、カベルネ・フラン、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、他試験品種

地図

自社管理農園だからこそできる挑戦

長野県下のブドウ畑候補地を徹底的に調査し、辿り着いた場所が長野県上田市丸子地区の陣場台地です。
2003年に開園した椀子(マリコ)ヴィンヤードは、自社管理農園だからこそできる試験的な挑戦を行っています。農園で培った知見や技術を全国の契約栽培農家の方々に還元し、また休耕地の活用や後継者不足などに悩む日本の農業の未来に、可能性を示す場となっています。

大森地区

内陸性気候の秋田県横手市大森地区は、農作物の育成に適した盆地に位置し、
日当たりの良い緩やかな傾斜地に畑が点在しています。
水はけの良い埴壌土からは酸味のしっかりしたブドウが収穫されています。

標高 120m 地形 丘陵地
品種 リースリング ケルナー

地図

北の大地に根ざし、過酷な試練を乗り越え、世界が認める大森へ。

秋田県横手市に位置し、メルシャンが1982年からリースリングの契約栽培に取り組んでいる地区です。冷涼な気候の下、栽培農家と良いワインを造るべく惜しみない努力を注いでいます。「大森ワイン倶楽部」という地元で生産者を支援する組織も存在し、地域で大森産のワインを支えています。

ようこそ、シャトー・メルシャンへ。

シャトー・メルシャンの産地

日本ワインの個性を求めて

シャトー・メルシャンは1970年代より「適品種・適所」の理念の下、ブドウ品種にあった栽培地を求め、日本各地に産地を形成してきました。「はじめにブドウありき」を合言葉に、契約農家と一体になって栽培管理を徹底し「目指すワインに合ったブドウ造り」を行っています。

山梨県

この産地のワイン一覧はこちら

勝沼地区(甲州市)

日本固有のブドウ品種「甲州」の発祥地とされ、昼夜の寒暖差が大きく、昔からブドウの栽培に適した場所と言われています。この地区のブドウはタンニンが多く、リッチでしっかりした骨格のワインになります。

標高 380m~450m
地形 扇状地
品種 甲州、マスカット・ベーリーA

穂坂地区(韮崎市)

甲州盆地北西部の丘陵地で、昼夜の寒暖差が大きいため、キャラクターのしっかりとしたブドウが収穫できます。

標高 450~550m
地形 丘陵地
品種 甲州、マスカット・ベーリーA

日本固有のブドウ品種「甲州」

日本で1300年もの歴史を持つ伝統ブドウであり、山梨県を中心に栽培される日本固有の品種です。近年果皮からうまみを引き出した味わい豊かなワインや、栽培・醸造技術により造りあげた香り豊かなワインなど、個性のある甲州ワインが誕生しています。

長野県

この産地のワイン一覧はこちら

北信地区

長野県北部の千曲川沿いの傾斜地に畑が点在しています。千曲川がもたらした沖積土壌は排水性に優れ、気候は雨が少なく、昼夜の温度差も大きいため、シャルドネの成熟に適しています。

標高 300~600m
地形 傾斜
品種 シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

椀子(マリコ)ヴィンヤード

メルシャンが自社栽培する地を求め、気候条件や土壌の様子などブドウ栽培に適した地域を探し、選ばれたのがこの椀子(マリコ)ヴィンヤードです。まだ樹齢は若いですが、他の産地にはない力強さを携えており、早くも注目の産地として期待を集めています。

標高 650m
地形 丘陵地
品種 メルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、カベルネ・フラン、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、他試験品種

自社管理農園だからこそできる挑戦

長野県下のブドウ畑候補地を徹底的に調査し、辿り着いた場所が長野県上田市丸子地区の陣場台地です。
2003年に開園した椀子(マリコ)ヴィンヤードは、自社管理農園だからこそできる試験的な挑戦を行っています。農園で培った知見や技術を全国の契約栽培農家の方々に還元し、また休耕地の活用や後継者不足などに悩む日本の農業の未来に、可能性を示す場となっています。

秋田県

大森地区

内陸性気候の秋田県横手市大森地区は、農作物の育成に適した盆地に位置し、日当たりの良い緩やかな傾斜地に畑が点在しています。水はけの良い埴壌土からは酸味のしっかりしたブドウが収穫されています。

標高 120m
地形 丘陵地
品種 リースリング ケルナー

北の大地に根ざし、過酷な試練を乗り越え、世界が認める大森へ。

秋田県横手市に位置し、メルシャンが1982年からリースリングの契約栽培に取り組んでいる地区です。冷涼な気候の下、栽培農家と良いワインを造るべく惜しみない努力を注いでいます。「大森ワイン倶楽部」という地元で生産者を支援する組織も存在し、地域で大森産のワインを支えています。

シャトー・メルシャン ブランドサイト